ソフトSMプレイ

2016年8月6日

ソフトSMとは

ソフトSMとは、SMと聞くとハード系のSMプレイを連想する人が多いですが、SMプレイをソフトにして(手軽な感じにして)プレイすることをソフトSMといいます。軽い感じに言うと「SMごっこ」とも呼ばれます。

ハード系のSMプレイになると女王様がいたり、本格的なSMプレイ道具であるムチやロウソクや手錠などを使い、命令に従い性的な行為をするため本格的なS(サド)やM(マゾ)の人以外、気軽には楽しめるものではありません。

しかし、ソフトSMになると気軽に楽しめるので、普通のプレイに飽きてしまった人やいつもと違った興奮を味わいたいと思う人にとっておすすめのプレイです。

ソフトSMのおすすめプレイ

デリヘルでソフトSMをしたい人の多くは、ドMや少しMっ気がある人です。デリヘル店の多くもそういった男性客が多いので、女の子によって出来る・出来ないがありますが、ソフトSM用のオプションを用意しています。

・言葉責め
言葉責めとは、デリヘル嬢が恥ずかしい言葉やエッチな言葉を多用することでM系の男性は興奮します。逆にドMのデリヘル嬢であれば、男性側が言葉責めをすることで女の子が恥ずかしがるので興奮してプレイが盛り上がります。AVでは、よくこの「言葉責め」をする作品が多くあります。ソフトSMの定番プレイの1つです。

・目隠し
目隠しとはアイマスクやタオル、パンストなどで男性の視界を見えなくしてプレイすることで、何も見えない状態でどこを触られるか分からないので、普段より敏感になり興奮度が増します。さらに何も見えない状態なのでじらされることでも興奮していきます。こちらもソフトSMの定番プレイの1つです。

・手錠(手枷)
手錠(手枷)とは、手錠やタオルで相手の両腕を縛った状態でプレイすることで、両手の自由が奪われた状態でプレイするので、いつもより興奮します。

これ以外にも多くのソフト系のSMプレイがあるので、デリヘルを呼んでみたら一度はやってみてはいかがでしょうか?あくまでもSMごっこなので、くれぐれも相手も傷つけないように注意しましょう。